NISAをうまく活用するために知っておくべきこと

1年に投資できる額が決まっている

投資をするときには、いくらずつ行うかがあります。それなりに資産を持っている人なら一気に行いたい場合もあるでしょう。今あまりない人は、少しずつ増やしていこうとするかもしれません。新しい制度としてNISAがありますから、それを活用すれば、得られる利益を効率的に増やせます。この制度を利用すると、利益分には課税されません。注意としては、1年に投資できる額が決められているルールがあります。一般の場合は上限が120万、ジュニア口座は80万です。また、一度買ってしまうと枠の再利用はできません。デイトレードのような取引はあまり向かないとされています。理想としては、少しずつコツコツ積み立て、長期的に保有する方法になるでしょう。投資信託で投資をするとよいとされています。

証券会社で作るか銀行で作るか

NISAで投資をするとき、口座を作る必要があります。決まりとして、一人一口座しか持てません。金融機関の変更は可能ですが、1年の中で何度も変更できません。そのため、一度作れば、一定期間はその口座を使わなければいけません。現在は、証券会社で作るか、銀行で作るかを決める必要があります。どちらがいいかは、投資スタイルによるでしょう。証券会社なら株式も投資信託もできるので一見よさそうに感じます。しかし、証券会社の中にはあまり投資信託を扱っていない会社もあります。投資信託をメインで考えているなら、自分の投資したい投資信託がある金融機関を選ぶ必要があります。また、手数料が少ないところが良いでしょう。NISAなら無料になるような口座もあります。